医療機関の上手なかかり方

病気や怪我をしたときに医療機関にかかることはよくあることかと思いますが、上手に医療機関を選べないと、患者にとっても医療機関にとっても多くのデメリットが発生してしまいます。

例えば日常で起こりやすい軽い病気や怪我は身近なクリニックや診療所を受診するのがベストです。
「とりあえず大きい病院の方が良さそう」という軽い気持ちで大病院に行ってしまうと、必要以上に待ち時間が増えてしまったり、紹介状無しで大病院を受診してしまうと治療費以外の費用も必要になる事から、最終的な自己負担金額が増加してしまいます。

また軽い症状で夜間や休日に受診してしまうと、以上のデメリットの他にも緊急度の高い患者に対しての治療が遅れてしまう可能性が出てきてしまうのです。

上手に医療機関にかかるというのは、まずは身近なかかりつけ医を見つけ、日常的に起こる病気や軽い怪我なら身近な診療所やかかりつけ医を受診しましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る