最新の診療体制「オンライン診療」

最近では新しい診療体制として「オンライン診療」を取り入れる病院が増加しています。
症状が安定している人や、慢性疾患で薬の変更がない方、患者の体に触れずに診療可能な心療内科などがオンライン診療に適していると言えるでしょう。
対面して診療を受ける必要がある急性の症状やその場で措置が必要な症状は、オンライン診療に向きません。

メリットとしては病院に行く必要がないので院内感染や二次感染のリスクを最小限に抑えられることでしょう。また、待ち時間もありませんし、薬の手配も全てオンライン上で済ませることができます。
デメリットとしては触診や聴診ができないという点でしょう。オンライン上で得られる情報には限度がありますし、顔色なども照明やモニターによって違ってくるので正常に判断しにくくなってしまいます。

まだまだ課題は多いものの、近年特に気になることの多い院内感染などを防げるのは患者、医師どちらからしても大きなメリットです。
症状が安定している方にとってはほぼメリットしかないので、対応している病院でしたらぜひ利用してみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る