宿根草と多年草の違い

宿根草と多年草の違いは簡単に言うと冬に枯れる物を宿根草、冬でも葉が残っている物が多年草です。

多年草のマーガレットなどは枯れた花(種)からも発芽します。
で、本体も残っているわけだからジャンジャン増えます。

一般に売られている花のなかでも日本の気候(冬)に耐えられなく枯れてしまうものがあり、そういう物は多年草であっても一年草として売られていることがあります。

ごくまれに種がない花もありますがたいていの花は種から増えることが出来ます。家庭で増やそうとするのは困難な場合がありますが…。バラなんかは種から増やそうとするとかなり難しいですね~。発芽率が低い程度なら蒔きまくれば芽がでますが…マリーゴールドも発芽率が低い花の一つです。

宿根草:冬季(寒冷地)に地上部だけが枯れますが、根は休眠、翌春に萌芽するもの。 このサイクルを長年繰り返す。多年草の分類の中で特に根が残ることにだけ着目しただけの呼び方です。例えばサルビア、クレマチス、ゼラニューム

多年草:萌芽から花を咲いた後、越冬し且つこのサイクルを数年程度繰り返す草類。これと対比する草に一年草、二年草があります。 例えばマーガレット(これは本来多年草ですが、寒冷地では露地越冬出来ないため一年草扱い。)、アジュガ、イワダレソウ、リシマキア、ペチュニア(一年草扱い)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る